遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第八百八十七条(子及びその代襲者等の相続権)

 被相続人の子は、相続人となる。
2  被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3  前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。
 

条文解説

 実子、養子を問わずに、被相続人の子は相続人となります。他の人の養子となっていても、被相続人の子であれば相続人となります(民法887@)。ただし、他の人の特別養子(民法817の2)になった場合は、実方の血族との親族関係が終了する縁組のため相続人ではなくなります。
 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡した場合、相続人の欠格(民法891)に該当した場合、相続から廃除(民法892)された場合で、その相続権を失ったときは、被相続人の孫が代襲して相続人(代襲相続人)となります(民法887A)。被相続人の孫が死亡した場合等であれば、その子供(曾孫)が代わって相続します(民法887B)。
 しかし、被相続人の子が相続放棄(民法939)をした場合は、被相続人の孫は代襲相続人にはなれません。