遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第八百八十九条(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)

 次に掲げる者は、第八百八十七条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
一  被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
二  被相続人の兄弟姉妹
2  第八百八十七条第二項の規定は、前項第二号の場合について準用する。
 

条文解説

 民法では、誰を相続人とするか、定めています。なお、その定められた相続人を法定相続人といいます。具体的には、亡くなった人(被相続人)の配偶者や子供、父母、兄弟姉妹(以下、兄弟)です。
 ただし、配偶者は必ず相続人になれます(民法890)が、子供、父母、兄弟にはなれる順番が決まっています。第1順位が子供(亡くなっている場合は孫)(民法887)、第2順位が父母(民法889@一)、第3順位が兄弟(亡くなっている場合は甥姪)(民法889@二)となります。つまり、子供が相続人になった場合は、父母や兄弟は相続人にはなれず、また、子供がいなくて父母が相続人になった場合は、兄弟は相続人にはなれないということです。
 なお、兄弟については、民法887条2項が準用されていますが、同3項が準用されていません。つまり、代襲相続人になるのは甥姪までの一代に限り、再代襲は認められていません。
法定相続人になれる順位