遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第八百九十二条(推定相続人の廃除)

 遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう。以下同じ。)が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。
 

条文解説

 家庭裁判所が廃除を認めるには、虐待や重大な侮辱、著しい非行等が要件となります。そのため、一時的な非行等の場合には、廃除は認められません。なお、廃除の効果は、廃除となった推定相続人の子供には及びませんので、その子供は代襲相続人として相続権をもちます(民法887)。