遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第八百九十四条(推定相続人の廃除の取消し)

 被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。
2  前条の規定は、推定相続人の廃除の取消しについて準用する。
 

条文解説

 被相続人は、推定相続人の廃除(民法892)の取消しを、生前(民法894@)でも、遺言(民法894A)でも、いつでも家庭裁判所に請求することができます。