遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第八百九十七条(祭祀に関する権利の承継)

 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。
 

条文解説

  通常、相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します(民法896)。ただし、系譜、祭具及び墳墓の所有権は、特別のものであるため、慣習や遺言による指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継します。なお、祭具等の承継は、遺留分に影響を与えず、また、相続放棄しても祭具等の承継が行えます。