遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百条(法定相続分)

 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。
 

条文解説

 各法定相続人の取り分は次のようになります(民法900)。
 @相続人が配偶者と被相続人の子供⇒配偶者2分の1、子供2分の1
 A相続人が配偶者と被相続人の父母⇒配偶者3分の2、父母3分の1
 B相続人が配偶者と被相続人の兄弟⇒配偶者4分の3、兄弟4分の1
 なお、子供、父母、兄弟がそれぞれ2人以上いるときは、配偶者の取り分以外の残りを原則として均等に分けます。例えば、相続人が配偶者と子供3人の場合、法定相続分は配偶者が相続財産の2分の1であり、子供3人はそれぞれ6分の1ずつとなります。
 
配偶者の法定相続分
 
子供の法定相続分
 
父母の法定相続分
 
兄弟の法定相続分