遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百一条(代襲相続人の相続分)

 第八百八十七条第二項又は第三項の規定により相続人となる直系卑属の相続分は、その直系尊属が受けるべきであったものと同じとする。ただし、直系卑属が数人あるときは、その各自の直系尊属が受けるべきであった部分について、前条の規定に従ってその相続分を定める。
2  前項の規定は、第八百八十九条第二項の規定により兄弟姉妹の子が相続人となる場合について準用する。
 

条文解説

 代襲相続人の相続分は、代襲の原因になった相続人が受けるべきであった相続分と同じです。なお、代襲相続人が複数いる場合は、法定相続分(民法900)の規定に従ってその相続分を定めます。