遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百二条(遺言による相続分の指定)

 被相続人は、前二条の規定にかかわらず、遺言で、共同相続人の相続分を定め、又はこれを定めることを第三者に委託することができる。ただし、被相続人又は第三者は、遺留分に関する規定に違反することができない。
2  被相続人が、共同相続人中の一人若しくは数人の相続分のみを定め、又はこれを第三者に定めさせたときは、他の共同相続人の相続分は、前二条の規定により定める。
 

条文解説

 遺言によって、法定相続分と異なる割合で、共同相続人の相続分を指定することができます。ただし、遺留分に関する規定に違反することはできません。