遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百六十五条(相続人に関する規定の準用)

 第八百八十六条及び第八百九十一条の規定は、受遺者について準用する。
 

条文解説

 遺贈者が死亡した時点(民法985)において、懐胎していた胎児は受遺者となることができます。胎児には、まだ名前がないため、遺言書には「妻××の胎児」というような書き方で特定します。
 相続人と同様に、欠格事由にあたる不正行為をした受遺者は、その受遺資格を失うことになります。