遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百六十七条(普通の方式による遺言の種類)

 遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によってしなければならない。ただし、特別の方式によることを許す場合は、この限りでない。
 

条文解説

 遺言には、大きく分けると普通方式と特別方式があります。一般的には、遺言は普通方式によっておこなわれます。
 普通方式の遺言には、(1)「自筆証書遺言」(民法968)、(2)「公正証書遺言」(民法969)、(3)「秘密証書遺言」(民法970)の3種類があります。
 特別方式の遺言は、特別な状況でやむをえない場合にのみ使われる遺言です。