遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百七十二条(秘密証書遺言の方式の特則)

 口がきけない者が秘密証書によって遺言をする場合には、遺言者は、公証人及び証人の前で、その証書は自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を通訳人の通訳により申述し、又は封紙に自書して、第九百七十条第一項第三号の申述に代えなければならない。
2  前項の場合において、遺言者が通訳人の通訳により申述したときは、公証人は、その旨を封紙に記載しなければならない。
3  第一項の場合において、遺言者が封紙に自書したときは、公証人は、その旨を封紙に記載して、第九百七十条第一項第四号に規定する申述の記載に代えなければならない。
 

条文解説

 秘密証書遺言の手続きとして、原則として、遺言者が、公証人と証人の前で申述する必要があります(民法970@三)。 しかし、口がきけない者は申述できないため、手話通訳士等の通訳人を通じて申述するか、封紙に自書するかの方法をとることが認められています。