遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百七十五条(共同遺言の禁止)

 遺言は、二人以上の者が同一の証書ですることができない。
 

条文解説

 遺言は2人以上が同一の証書ですることができません。例えば、同一の証書で夫婦で共同の遺言をすることはできないということです。2人以上が同一の証書で遺言をすると、各人が自由に撤回することが難しくなり、故人の最終的な意思の確認が困難になるからです。また、1人の遺言について無効原因があった場合に、他の人の遺言の効力をどうすべきかという問題が生じてしまうからです。