遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百八十六条(遺贈の放棄)

 受遺者は、遺言者の死亡後、いつでも、遺贈の放棄をすることができる。
2  遺贈の放棄は、遺言者の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。
 

条文解説

 受遺者は、遺言者の死亡後、いつでも、遺贈の放棄をすることができます。ただし、遺贈義務者からの催告があった場合は別です(民法987)。
 なお、遺贈には、包括遺贈と特定遺贈という2つの種類がありますが、本条は特定遺贈の場合のみに適用されると考えられます。包括遺贈の場合は、包括受遺者は相続人と同一の権利義務を有する(民法990)ため、相続、遺贈があったことを知った時から3か月以内に、家庭裁判所に申述しなければ、放棄をすることができません(民法915938)。