遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第九百八十七条(受遺者に対する遺贈の承認又は放棄の催告)

 遺贈義務者(遺贈の履行をする義務を負う者をいう。以下この節において同じ。)その他の利害関係人は、受遺者に対し、相当の期間を定めて、その期間内に遺贈の承認又は放棄をすべき旨の催告をすることができる。この場合において、受遺者がその期間内に遺贈義務者に対してその意思を表示しないときは、遺贈を承認したものとみなす。
 

条文解説

 受遺者は、遺言者の死亡後、いつでも、遺贈の放棄をすることができます(民法986)。いつでもということになると、期間の定めはないとうことになり、遺贈義務者(遺贈の履行をする義務を負う相続人)その他の利害関係人は、いつまでも不安定な立場に置かれてしまいます。そのため、遺贈義務者は受遺者に対し、相当の期間内に遺贈の承認又は放棄をすべき旨の催告をする権利が認められているのです。