遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第千十八条(遺言執行者の報酬)

 家庭裁判所は、相続財産の状況その他の事情によって遺言執行者の報酬を定めることができる。ただし、遺言者がその遺言に報酬を定めたときは、この限りでない。
2  第六百四十八条第二項及び第三項の規定は、遺言執行者が報酬を受けるべき場合について準用する。
 

条文解説

 家庭裁判所は、相続財産の状況その他の事情によって遺言執行者の報酬を定めることができます。しかし、遺言者が遺言で遺言執行者の報酬を定めたときは、これに従うことになります(1018@)。遺言執行者の報酬は、執行業務が終わった後でなければ、請求することができないため後払いとなります(1018A、648A)。なお、遺言執行者の責めに帰することができない事由によって、執行業務が中途で終了した場合は、既にした履行の割合に応じて報酬を請求することができます(1018A、648B)。