遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第千二十五条(撤回された遺言の効力)

 前三条の規定により撤回された遺言は、その撤回の行為が、撤回され、取り消され、又は効力を生じなくなるに至ったときであっても、その効力を回復しない。ただし、その行為が詐欺又は強迫による場合は、この限りでない。