遺言書>>遺言・遺言書に関する法令

民法第千四十三条(遺留分の放棄)

 相続の開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。
2  共同相続人の一人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を及ぼさない。
 

条文解説

 家庭裁判所の許可を受ければ、推定相続人は相続開始前であっても遺留分を放棄することができます(民法1043@)。なお、遺留分が放棄されても、他の各共同相続人の遺留分が増加することはありません(民法1043A)。被相続人が自由に処分できる財産が増加するだけです。